早期発見のために受けるエイズ検査|対処と対策を知る

先生

色々な性病

ナース

東京など近くの病院や保健所で性病検査を受けたり、性病について正しい知識を持ったりすることで効果的に感染を防ぎましょう。またそのような症状が現れた場合であっても、早めに正しく治療することによってほとんどが完治することができますので、東京などで行なわれている性病検査を受けることが大事です。どのような性病があるのか考えてみましょう。
まず、HIVが有名だと思います。これは感染により免疫力が弱ることでエイズ指標疾患と呼ばれる合併症が発症し、最悪の場合、死に至る病です。潜伏期間は数年~10年以上になりますが、潜伏していることが分からずに感染させてしまう恐れがあるので、世界的に警鐘が鳴らされています。次に梅毒です。主な症状として感染部位の無痛性硬結や発疹で、潜伏期間は3週間となっています。梅毒は最近では感染している人も少なくなっていますが、反対に淋病は感染者が増えているものなので、これも症状について知っておきましょう。その主な症状は男性であれば尿道排膿、排尿痛です。女性であれば帯下があり、潜伏期間は2~5日になります。珍しい病気であまり聞いたことがない人も多いと思いますが、軟性下疳(なんせいげかん)のことも知っておくと良いです。これは感染部位の有痛性潰瘍、潜伏期間が2~5日になります。
珍しい感染症よりは、なる可能性の高い病気について知ることが大事なので、ここでは若者にも感染が増えている性器ヘルペスや尖圭コンジローマについて説明します。性器ヘルペスは、感染部位に有痛性小水疱(しょうすいほう)が現れるもので、潜伏期間は1~数週間です。尖圭(せんけい)コンジローマは数ヶ月潜伏する恐れがあり、この症状は感染部位に疣贅性腫瘤ができて、見た目にもあまりよくないので、潜伏期間中に治療したいものです。
最もかかって恐ろしい症状になるのがB型肝炎です。症状は黄疸(おうだん)、全身倦怠(けんたい)感で、潜伏期間は1~6ヶ月間になりますが、治療が難しい病気となっています。主な性病は以上ですが、どうでしょうか。もし気になる症状があれば、東京など近くの病院や保健所が行なっている性病検査を受けてみましょう。東京などで行なわれている性病検査の料金はほとんどの場合5000円前後なので、それほど高くはありません。