早期発見のために受けるエイズ検査|対処と対策を知る

ドクター

色々な性病

ナース

性病は想像以上に色々と種類があります。目に見えないウイルスによる感染であるため、発症して悪化するまで気付かないことが多いでしょう。ぜひ専門機関である東京などの病院や保健所で検査を受けてみましょう。

詳細を読む

早めに正しく受けよう

病院

HIV検査を受けようとする場合、感染が気になる日からどのくらいの期間をおいて受けた方が良いのでしょうか。検査について知ることで早めの健康回復や症状の発症を防ぐことができます。

詳細を読む

正しく知ろう

注射器

オススメのクリニックガイド

大切な体の一部を守りましょう。ペロニー病は多くの中年男性を襲ってます。ここで症状を確認できますよ。早期発見が大切です。

愛する人との性行為の際、コンドームなどの避妊具を使うことで性病やエイズの感染のリスクを減らせます。国内HIV感染者の数は2013年では1500人余りで前年よりも約140人増加しました。エイズの動向を調べる委員会によると、年々増加していると言われるエイズ感染者。数値はあくまでエイズ検査を受けて確認できた分の統計となるためエイズ検査を受けていない方を入れると、実際はもっと多くの方が感染していると思われます。性行為を行なう前に検査を受けて確認しておくことは愛する人を守る上で大切なことですし、同じく行なった後に受けることも大切でしょう。そのためにもエイズについて少しだけでも知識を持っていた方が良いでしょう。
まずHIVとエイズという言葉を同じように思われている方も多いといますが、実際には違います。HIVとはエイズウイルスを意味していて、ヒト免疫不全ウイルスとよばれています。感染者の症状のことを免疫不全症候群と呼びます。感染後に投薬治療などを受けずにいると、免疫力が段々弱くなり、合併症として色々な病気を発症しやすくなります。エイズ検査を受けて感染が分かった場合以外では、そのような症状であるエイズ指標疾患が現れた際にエイズを発症したと診断されます。エイズの感染経路や正しい知識について知っておくこと、そして定期的に病院や保健所などでエイズ検査を受けることで、感染防止への意識を高めると同時に発症を防ぐようしましょう。エイズは、現在治療法が進歩したおかげで健康の状態へ回復したり症状の発症を抑えることができるようになりました。エイズの感染ルートはウイルスを含む精液や膣内分泌液、これは先ばしり液も含めます。その他に血液や母乳といった体液が相手の粘膜や傷口に触れると感染の恐れが出てきます。しかし、尿や便、汗、涙、唾液などの体液は接触しても感染する恐れはありません。通常、人間の皮膚にはウイルスから体を守るように防御壁の役目があります。しかし、口や陰部、傷口などの粘膜部分にはそのようなバリアがないためHIVに感染しやすくなります。コンドームを使用して粘膜部分を保護することはそういった感染から粘膜を守る意味があります。

検査できる機関について

病室

性病検査を受ける場合、実施している機関による違いを把握しておくと利用しやすくなるでしょう。保健所や病院によっても受けられる検査には種類があるので、費用や検査結果までの時間と合わせて確認しましょう。

詳細を読む